久屋で無色地、帯を買取っていただきました。

           

叔母さんが無くなって20年。もともと、私の叔母は着物が趣味で、世間で良く言われるタンスの中の着物が本当にいっぱいある人でした。

それが、先日、家をリニューアルする事になり、その着物も一部の大事なものは除いて処分する事にしたのです。

タンスの中に保存しつつ、年に1回は広げて虫干しをしていたこともあって、その保存状態は良いものでしたが、これだけ多くの着物は保存しきれないという事もあり処分を考えたのです。
そこで、買い取り業者を調べ、久屋さんが、スピーディー且つ、しっかりと査定してくれそうでしたので、依頼する事にしたのです。

最初に無料梱包キットを申込み、そのケースが届いた後、丁寧に着物と帯を一つずつ梱包していきます。そして、発送。

その後、1週間くらいでその査定結果をメールと電話で送られてきました。
今回は、その量も多かったことから、プラスの査定金額ももらう事が出来、十分満足できる金額で買い取りをしてもらえる事になりました。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です